Soin

1/4
141人が本棚に入れています
本棚に追加
/55

Soin

 関町の様子を見てきて欲しい。  定休日が災いし、清美からのお願いを聞く羽目となってしまった。  インターホンをならずと、熱さましのシートを額に貼りスエットを着た関町がドアから顔をのぞかせ、龍之介を見た途端に驚いた顔をする。 「どうしたんですか」 「姉に頼まれてな。熱は?」 「さっき計った時は8度を超えてました」 「そうか。入るぞ」  脇をすり抜け中へと入る。  1DK。男の一人暮らし、丁度良いくらいの部屋だと思うが、散らかしっぱなしだ。 「あ、すみません、散らかっていて」 「まぁ、それは別にかまわない。所で飯はちゃんと食ってたのか」 「プリンを」 「プリンか。まぁ、食ってるだけましか」  医者の処方した薬がある。病院に行ってなければ連れて行ってねと言われていたので、その点だけは安堵する。  冷蔵庫の中をチェックすると、レトルトのご飯と卵、後はビールとプリンしかない。  なにか食べるものを持って行ってあげてと清美に言われていたのでスーパーに寄ってきて正解だ。 「飯を作るから座ってろ」 「わぁ、優しいなぁ」 「煩いよ」  床に落ちていた上着を関町の方へと放り投げ、キッチンスペースへと向かった。
/55

最初のコメントを投稿しよう!