Jalousie

1/7
167人が本棚に入れています
本棚に追加
/55

Jalousie

 準備の為に朝の六時半には出勤する。  作業場には既に蒼士の姿があり、クリーナーで作業台の拭き掃除をしていた。 「おはようございます、オーナー」 「おはよう」  作業場は二人の担当だ。店内と店外は別のスタッフが清掃をする。  それから下準備をし、生菓子を作り始める。  オープンは十時。それに間に合うように懸命に手を動かし続ける。  やっと一息つけるようになるのはお昼頃で、昼食を摂りながら蒼士と仕事の話を交えつつ身体を休める。  一時間の休憩の後は焼き菓子を作ったり、売上を見て追加の分のケーキを作る。  注文があればそちらに取り掛かることもある。 「オーナー、お客様です」  休憩に入った所に声を掛けられる。  誰だろうと店に向かうと、そこに居たのは久しい相手だった。 「長谷さんじゃないですか!」 「やぁ、龍之介」  長谷隆也(はせたかや)はシェフだ。  彼と知り合ったのは初めて入ったバーだった。同じ日本人ということもあり、その日に意気投合し一緒に飲んだ。
/55

最初のコメントを投稿しよう!