Anniversary

1/7
141人が本棚に入れています
本棚に追加
/55

Anniversary

 店の定休日と姪のナツメの誕生日が重なり、お祝いをする為の準備をしていた。  十九時頃に行くねと聞いていたので、そろそろかと時計を見た所にインターホンが鳴る。 「はい」  ボタンを押すとそこに映っていたのは見たくもない男の顔だ。 「何の用だ」  眉間にシワが寄る。一気に機嫌が悪くなる龍之介に、 「清美さんに、ナツメちゃんのお誕生日会をやるからと招待されました」  と、爽やかな笑顔を向ける。  今、相当嫌そうな顔をしているに違いない。それなのにめげない関町にいらつきながら、心の中で彼を招いた清美を恨む。 「……入れ」  部屋にあげたくないのだが、招待客なので仕方なく玄関のドアを開いた。 「お邪魔します」  嬉しそうに部屋の中をキョロキョロと見渡している。 「あんまり見るなよ」 「えぇ、折角、お部屋に上がれたチャンスですし」  いう言葉が怖い。 「大人しく座ってろ。出来なければ追い出す」 「わかりましたっ。えっと何処に座れば?」  何も置かれていない場所の椅子を引いてここに座れという。  自分の隣になってしまうが、仕方がない。 「姉に連絡するから待ってろ」 「はい」  電話をすると清美がごめんなさいと謝ってくる。
/55

最初のコメントを投稿しよう!