act.01

1/16
472人が本棚に入れています
本棚に追加
/206ページ

act.01

|プロローグ|  あんたは、人を殺したことがある?  方法はなんだっていい。命ばかりか、その存在や人生の記憶そのものを完全に破壊しきったことは?   ── 俺は、ある。  そこにあった真実は何であれ、俺は人を殺した。それも、この世でたったひとりの親友を。  拭い切れない罪、逃れられない後悔を抱いて。  何も感じず、何も思わず。そうして心を殺さなければ、生きて行けず。  そうだ。この世に神様なんていない。   <神様の住む国>  鏡の中の男は、今日もまた責めるような目つきで彼を見つめ返している。  お世辞抜きで不気味なほど美しく端正な顔が、いつものごとく責めなじる。「まだ生きてやがるのか、この人殺し」と。  瞼がひくひくと引きつり始めると、“発作”はすぐ側まで迫っている証拠だ。  一見てんかんの発作と酷似しているが、これはあくまで彼がメンタル的な問題を抱えているせいだ。だが、それに気づいてくれる人間は、彼の身の回りには一人としていない。  獣のような唸り声と共に湿気で曇った鏡を叩き割ろうとした時、浴室のドアがノックされた。 「尋くん? 尋くん! 大丈夫?!」     
/206ページ

最初のコメントを投稿しよう!