この世は輪廻で溢れている。

1/85
127人が本棚に入れています
本棚に追加
/121ページ

この世は輪廻で溢れている。

あるところに夫婦がいた。 長年子供が出来なかったが、ある時やっと子どもを授かる。 妊娠した妻は隣に住む魔女の庭のラプンツェルが食べたくて堪らなくなる。 食が細ってやつれた妻に「ラプンツェルが食べられなければ死んでしまう」と懇願された夫は、妻と生まれる子のために魔女の敷地に忍び込むとラプンツェルを摘み取りにかかるが、魔女に見つかってしまう。 しかし夫から事情を訊いた魔女は、好きなだけラプンツェルを摘んでもいいが子どもが生まれたら自分に渡せと云った。 やがて妻が産んだ女の子は即座に魔女に連れて行かれた。 ラプンツェルと名付けられた娘は、森の中に築かれた入り口のない高い塔に閉じ込められ、魔女はラプンツェルの見事な長い金髪をはしご代わりに窓から出入りしていた。 そんなある日、森の中を歩いていた王子が美しい歌声に引かれ、塔の中に閉じこめられたラプンツェルを発見した。 魔女と同じ方法を使って塔に登った王子を見てラプンツェルは驚くが、やがて王子と愛し合い、魔女に隠れて夜ごと王子を部屋に招き入れるようになった。 其の結果ラプンツェルは王子の子を妊娠した。 其の事実を知って激怒した魔女はラプンツェルの髪を切り落とし荒野へと放逐した。 一方、何も知らずラプンツェルを訪ねてきた王子は待ち受けていた魔女から罵られる中で全ての顛末を知って絶望し、塔から身を投げて失明してしまった。 七年後、盲目のまま森をさまよっていた王子は、男女の双子と暮らしているラプンツェルと巡り逢う。 嬉し泣きするラプンツェルの涙が王子の目に落ち、王子の視力は回復した。 王子はラプンツェルと子どもたちを伴って国に帰り、皆で幸せに暮らしたという── グリム童話の有名なお話である【ラプンツェル】 私は小さい頃からこのお話が大好きだった。 ラプンツェルの真似をして物心がついた時から伸ばしている髪の毛は今では軽くお尻を越していた。 どうして此処までこのお話が好きなのか解らないけれど、ずっとずっと前からとても不思議な気持ちが私の心の奥底で燻っているような気がしていたのだ。
/121ページ

最初のコメントを投稿しよう!