白いサカナ

彼は自分の美しさを、呪いと呼ぶ。

95 181

BL 完結 過激表現
17分 (10,054文字)
短編なので、お気軽に読んでみてください。

あらすじ

 ーー男を美しいと思ったのは、はじめてだった。  高校2年生の中条永人は、女性と見間違うような人目を引く容姿を持っていた。  色素の薄い栗色の髪と淡褐色の瞳、白磁の肌の上には完璧に配置されたパー

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2018/10/23

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る