1.オレはおかしいのだろう

1/2
390人が本棚に入れています
本棚に追加
/62ページ

1.オレはおかしいのだろう

 自然は凄い、素直にそう思えた。  何でも人工的に管理されている宇宙植民地(セトルメント)と違い、夕暮れや夜が勝手にやってくる。月面にも昼と夜があるが、まったく風景が違った。  人類が宇宙に出て生活するようになり、早200年が過ぎようとしている。僅か200年、されど200年、その間に人類が果たした進化は驚くべきものがあった。  月面に基地を作り、そこを足がかりに小惑星を入植地として形成する。小惑星同士の僅かな引力を利用して地球との距離を固定し、精力的に人類が生存できる環境を広げていく姿は、性質の悪いウィルスのようだった。  実際、宇宙にとって人類は害悪なのだろう。  セトと呼ばれる入植地が広がるにつれ、爆発的に人口が増えて宇宙を占拠しているのは事実だった。    淡い金の髪を後ろで一つに括り、青年は夕暮れの風景に目を細める。  鮮やかなオレンジ色の光は斜め右側からスコープを反射させた。しかたなく時間調整の為に、ビルの屋上に寝転がる。  埃に汚れているが、輝きを放つ金髪とサングラスの青年は美しかった。そう、他に表現が思いつかない美貌の持ち主なのだ。黒い衣装も彼のほっそりしたスタイルのよい肢体を引き立たせていた。  ……そろそろか。  寝転がったまま俯せでビルの下を確認し、本物の空気を胸いっぱい吸い込んで吐き出す。夕日の角度を確認し、すぐ脇に置いたライフルを手にした。  肌に馴染む冷たい感触にぞくぞくする。金属特有の冷酷さが気持ちよかった。  スコープの十字の照準に、1人の男を捉える。向かいのホテルでのんびり談笑する獲物の姿に、身震いするほどの興奮が体中を走った。  どきどきする鼓動の早さと、ジ~ンと胸を騒がせる一瞬が積み重なって、ゆっくりオレの中に変化を齎す。  独特の高揚感は、快感と呼んでも差し支えなかった。  長い髪が肩をさらりと滑る。 「チッ、鬱陶しい」  折角の気分を台無しにする髪だが、切るに切れない状況を思い出して舌打ちするに留めた。  切ろうとしても、アイツが邪魔すのは目に見えている。しかたなく髪を手で払い、再びスコープを覗いた。  獲物を狙うハンターの気分だ。  いま、トリガーひとつで世界が変わる。
/62ページ

最初のコメントを投稿しよう!