第5話

1/1
65人が本棚に入れています
本棚に追加
/20ページ

第5話

「また遊びに来てもいいー?」と葵が木ノ下を見上げる。 「いつでもおいで」 「やったー!」  ぴょんと飛び跳ねた葵を見て、木ノ下があっと声を上げる。 「葵くん。大事なものを忘れているよ?」 「大事なもの?」  木ノ下は背後から小さな袋を取り出した。中にはチョコレートやクッキーが入っているのが見える。 「あ! といっく、おあ、といーと!」 「はい、どうぞ」  優しく葵の頭を撫でる木ノ下に浩之は礼を言った。そのとき、ふと商店街で見たポスターの文字が頭にひらめく。 「トリック・オア・トリート」  唐突な浩之の言葉に、木ノ下は不思議そうな顔で小首を傾げた。公園で初めてこの仕草を見たときの、予感めいたものは間違っていなかった。 「お菓子、俺にはないんですか?」 「え? 川嶋さんに?」と木ノ下は困惑の声を上げる。しかしすぐに、はっとした表情を浮かべた。じわり、じわりと頬が赤く染まっていく。 「あなたには……お菓子は似合わない」  浩之は口元を引き締めて、お菓子を持ってはしゃぐ葵に声をかけた。 「アオ、先に外でタロウにバイバイしておいで」 「うん!」 「え、ちょっと――」  目の前の腕をぐいと引く。木ノ下の身体はバランスを崩し、浩之の胸元に倒れこんだ。顔が近づいてきたことに気づいた木ノ下が、ぎゅっとまぶたを固く閉じる。  だが、予感したことは一向に起こらない。浩之はおそるおそる開かれる目を、楽しげに見つめる。 「えっと……?」 「お菓子をくれなかったから」  浩之は唇の先で囁く。 「いたずらは、また今度」
/20ページ

最初のコメントを投稿しよう!