死神は眠らない

僕をずっと見つめている存在、それは決して眠ることがなかった

0 9

4分 (2292文字)
病院のベッドの受けから見える景色について、僕なりの死生観を交えて描いてみました

あらすじ

母を見送った時、そのベッドの上から見える景色と言うのはどういうものなのだろうかということに思いを馳せて書いた作品です 果たして母は、僕ら家族や親しい人が見まいに来る姿を、どのように見ていたのか 僕なら

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2018/10/31

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る