第14話雨

1/8
145人が本棚に入れています
本棚に追加
/1169ページ

第14話雨

【円花side】 あれから数瞬間が経ち、バイトにも少しずつ慣れてきた。 ミスはしてしまうけど、働く事の楽しさを知った。 井上さんとも、よく話すようになった。 休憩中、井上さんが口を開いた。 「そういえば三田倉、どこ住んでんの?」 「○○崎町です!」 「ふーん、俺と反対側だな。 ま、でもチャリで行けない距離じゃないな。」 「え?」 「中学は?」 「あ、私一度引っ越してて…。中学はこっちじゃないんです。 高校から、こっちに戻って来たので。」 「そうなのか。」 私も、自分のことが話せて嬉しかった。 それから私達は色んな話をした。
/1169ページ

最初のコメントを投稿しよう!