第七話 攻めの三左と火縄銃

1/7
149人が本棚に入れています
本棚に追加
/700ページ

第七話 攻めの三左と火縄銃

 ◆天文十四年(一五四五年)七月上旬 尾張国(おわりのくに) 那古野(なごや)城 「父上も爺も(したた)かであったが、嫁入りの一年間の猶予と、那古野周囲の一万(かん)の所領を(たまわ)ったのじゃ」 「殿、さすがです!」 「これはこれは、めでたいですな、うふ」  牛一を交えて一週間近く徹夜も辞さず作成した資料を元に、昨日信長ちゃんが信パパに対して、外交、軍事、商業、農業、工業に関する献策を行なったことに対しての結果だ。  信長ちゃんも懸念していた政略結婚を、ひとまず回避できたので満足そうな笑顔である。  一万貫といえば約二万石に相当する。現代の価値でいえば約十億円。  尾張経済の要地の津島と熱田を押さえている織田弾正忠(だんじょうのじょう)家はさすがにリッチだな。小学六年生の娘に十億円かよ。次元が違うぞ。  ともあれ、信長ちゃんに一年間で成果を出してみろ、ということである。  また、美濃の大垣城(岐阜県大垣市)は、斎藤道三(どうさん)に返還して、美濃国(みののくに)との緊張緩和を行う方針になったそうだ。 「ワシと又助(太田牛一)は『即応衆』を編成しておるから、左近は例の件を頼むのじゃ」     
/700ページ

最初のコメントを投稿しよう!