第2話

1/2
4人が本棚に入れています
本棚に追加
/6ページ

第2話

 実際、彼は学生時代、演劇にかぶれていたことがある。  なかなか見栄えのするご面相(めんそう)と、長身のせいで、いつも良い役をもらっていたように思う。時々、彼の出演する舞台を見に行った。  しかし演劇のことは、からきし僕にはわからない。  舞台の上にいるときも、そうでない時も、彼は全然変わらないように見えた。  全く演技していないのか、それとも、常に演技をしている男なのかだ。 「どういう意味だい?」  ふざけているのかと、僕は思って、(いぶか)る口調で(たず)ねた。
/6ページ

最初のコメントを投稿しよう!