「第2居住区のラクサーシャに異変 新たな疾病の可能性も」
1/1
/278

「第2居住区のラクサーシャに異変 新たな疾病の可能性も」

昨日深夜、第2居住区において、一人の狼族と思われるラクサーシャが何らかの理由で野獣化し、鉄条網を破壊しようとしたところを巡回中の憲兵隊が発見、殺害した。 憲兵隊の証言によると、そのラクサーシャは2本の足で立ち、我を忘れたように自分の体を鉄条網に打ち付けていたという。隊員の呼び掛けにも応じず、言葉を理解している様子さえなかったとの事。 当局は事態を重く見て、野獣化した原因を探るとともに、市民の第2居住区付近への立ち入りを禁止する方針をとった。 また、野獣化に至る新たな疾病の可能性も視野に入れ、近々アーシラルド軍協力のもと、第2居住区への潜入捜査を行うと発表した。 (アーシラルド新報・号外)
/278

最初のコメントを投稿しよう!