澄清

とうとうこの日がやってきてしまった。

黒羽瑛人

4分 (2,014文字)

19 752

あらすじ

珍しくバスに乗って姉の家に行く途中だった麻子。 そこで、とうとう彼女は青年から座席を譲られてしまったのだった。 妄想コンテスト『そして空を見上げた』参加作品

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る