ハングリーエイプ

1/27
34人が本棚に入れています
本棚に追加
/27ページ

ハングリーエイプ

 バスの後部扉が開くと、どやどやと、毛むくじゃらのちびすけたちが乗り込んできた。座席は彼らの小さな身体で埋めつくされていく。ひとつの座席に、二、三匹が折り重なるように座り、さらに、座席の下にも小さいのが潜り込んでいく。  全部で二十匹はいるだろうか。全身を覆うもさもさした毛のせいで、体型は全体的に丸っこく見えるが、あんな隙間に入り込めるということは、痩せっぽちなのだろう。  身長は、大きい者でも一メートル足らず。母親の背にしがみついている子どもは30センチぐらいだ。  バスが動き出すと、彼らは座席にしがみつき、静かに揺れに耐えた。お年寄りに席を譲ることはないが、おしゃべりをしたり、暴れたりしてほかの乗客に迷惑をかけることはない。彼らなりのマナーというか、処世術なのだろう。 「次は、公園前、公園前です」  子猿が手を伸ばして、降車ボタンを押した。  公園前に着くと、団子状態になっていた猿たちは、するすると座席から離れていく。そして、列になって運賃箱に一円や五円玉を入れていく。中には、飴玉を入れようとする猿もいたが、運転手が面倒くさそうに手でそれを防ぎ、払いのけた。     
/27ページ

最初のコメントを投稿しよう!