はじめてのこと

それを味わったとき、僕は……

1 5

4分 (2174文字)
調整中です

あらすじ

秋雨が止んでようやく涼しくなった。誰も居ない夕暮れ時、学校の屋上で古い手紙を携えここに立つ。

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2018/11/6

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る