平和な世界

3/7
61人が本棚に入れています
本棚に追加
/54ページ
僕は、誤魔化した。 そして、学校に着いた。 教室に入ると、窓側の席の僕は、ついグランドを見てしまう。 いつからだっけ? 僕が陸上を嫌いになったのは! 最初は、楽しくて仕方なかったのに。 授業が始まっても僕は、グランドを見続けた。 そして、体育の授業で、100メートル走が始まった。 達也と同じレーン。 先生のかけ声と共に、僕らは構えた。 僕は、全身の力を耳と足に集中した。 スターターピストルがなった。 パン。 力一杯走る。 横目で、隣を見ると僅かに僕が勝っている。 良し、勝ってる。 しかし、後半につれて達也がスピードを上げていく。 僕は、抜かれた。 抜かれたと同時に全身が重く感じた。 2着になったもののタイムは、よく無かった。 達也は、いつもと違う様子の泪に心配そうに声を、かけた。 「体調…悪いのか?」 僕は、自分の不満を達也にぶつけてしまった。 「達也に勝てないのは、いつもの事だろ?」 達也は、申し訳なさそうに俯いた。 「そんなつもりじゃ無いんだ。」 僕は、その日達也と言葉を交わす事は無かった。
/54ページ

最初のコメントを投稿しよう!