1 アコナイト(あなたは私に死を与えた)

1/3
98人が本棚に入れています
本棚に追加
/624ページ

1 アコナイト(あなたは私に死を与えた)

「僕は絶望し……そして、死ぬ……せめて、この死で願いが叶うなら、力が欲しい……」  地図で見ると九州北部の左側にある、とある田舎町「A町」。  その街近くの山間部には犬川貯水池という溜池があります。  そこは一年中人気(ひとけ)がない所。  青山紫苑(あおやま しおん)。  町立無畑(なしばたけ)中学二年14歳は貯水池の中で……  死にました。  自分で頭を散髪したのでしょう。  ボサボサの短髪が水の中でチロチロと揺れている。  顔も体も痩せている少年。  栄養があまりなかったのでしょうか。  その細すぎる体は、薄汚れたTシャツとヨレヨレのチノパンが引っ張られるように膨らんで、ゆっくりと水の底へと沈んでいきます。  ゆっくりと沈んでいく水の中。  少年は死に逝く中で夢を見るのでした。  夢の中で紫苑は一人の少女と出会うのです。 「ああ、やっとお会い出来ました」
/624ページ

最初のコメントを投稿しよう!