見えない鎖

9/9
412人が本棚に入れています
本棚に追加
/106ページ
転びそうになりながら 風呂場に押し込まれる 風呂場は広いとはいえ 男二人が入ると狭く感じてしまう 瀬戸さんの手が離れたかと思うと 勢いよく冷水が頭を濡らす 仁:っッ 二人とも服のままで 変な感じだ 身体が冷えていくのに 思考は冷静になっていく 裕さんと逃げてからは 瀬戸さんのことを ずっと考えないようにしていた 考えないように… でもそうすれば、するほど… まるで毎日、少しずつ弱毒を盛られて 気付いた時には、すでに毒が全身にまわっているみたいに… 瀬戸さんは俺の思考いや、心を犯していった 冷水を浴びながら 俺と瀬戸さんの視線が絡み合う 仁:っ瀬戸さん 動き出したのは俺のほうだった
/106ページ

最初のコメントを投稿しよう!