プロローグ

1/10
4507人が本棚に入れています
本棚に追加
/192ページ

プロローグ

・:*:・:・:・:*:・・:*:・:・:・:*:・ 9月21日(金) ・:*:・:・:・:*:・・:*:・:・:・:*:・ 「ねぇ、聞いた? あの管理部の秦野(はたの)部長がうちに 異動になるらしいよ!」 年下で先輩の同僚、沖田真由(おきた まゆ)が、総務から戻ってきて言った。 真由は、新卒で入社し、現在4年目の25歳。 私、園部爽(そのべ さわ)は、中途採用3年目の28歳。 私達は、あまり上下関係を意識する事なく、とても仲良く仕事している。 私は、真由が総務からもたらした情報を聞いて、 「えっ!? ほんとに!?」 と思わず、眉間にしわを寄せた。 管理部の秦野部長といえば、几帳面で神経質な堅物と評判の人。 イケメンにもかかわらず、35歳で未だ独身なのは、性格に難ありだからと評判の人だ。 現在、うちの野中(のなか)部長は、良く言えば放任、悪くいえばいい加減な50歳近いおじさんなので、私たちはのびのびと楽しく仕事をしてきた。 それが、真逆の秦野部長に代わるとなると、今まで通りにはいかない事も、出てくるに違いない。 「ふぅぅぅ………」 思わず、ため息が漏れた。
/192ページ

最初のコメントを投稿しよう!