爆弾

破壊行為に走る優等生とパリピ学生のすったもんだラブ

たろまろ/「八月三日」絶賛発売中

BL 完結 過激表現
36分 (21,409文字)

208 2,138

あらすじ

父親が汚職事件に巻き込まれ、生活が一変するイツキ。精神的ショックを受け、荒んだ心で思いついたのは学校を爆破することだった。 短編です。表紙は「かんたん表紙メーカー」で作りました。

感想・レビュー 2

あの日を決行日にしなかったら。 あの時回送電車通過で踏み切りが下がらなかったら。 決行場所を学校にしなかったら。 ……きっと、ふたりの本当の笑顔は見られなかったんだろうな、と思ってしまう、不思議で運命
ネタバレあり
4件1件
爆弾 とても面白かったです\(^o^)/ 壊してしまいたかったのは何だったのか。 主人公の気持ちが刺さりました。 親から教えられた価値観や常識、環境、当たり前にある期待。努力し続けたのに訪れた絶望。
ネタバレあり
4件1件

この作者の作品

もっと見る