いってきます

1/5
114人が本棚に入れています
本棚に追加
/17

いってきます

「おかえり」 彼女が帰ってきたのは夕方の六時を過ぎた頃だった。少しくたびれていて、でもどこか清々しい顔をしていた。手にはお土産を持ったままだった。 「その子にはちゃんと会ったし、ちゃんと話せたよ。でもその後、駅で気分悪くなっちゃって。そこを助けられたの」 「誰に」 「近所の大学生」 「それ、男?女?」 「男」 「え、」 「ああ、大丈夫。その人のお家、小さなお医者さんでね、病室で寝かせてもらってたの。そのあとお家で、その人と、その人のお母さんに今日のこととか色々聞いてもらったんだ。たくさん泣いてきた。これから時々遊びに来ていいよって、言ってくれた」 「それ、ほんまに?」 「本当だよ」 「ほんまのほんまに?」 「本当の本当に」 「なんやそのマンガみたいな話」 たまらなくなって、私は彼女を抱きしめた。本当にそうならいい。良かったのだ。彼女の冷たい手を思い出す。 「遅くなって、ごめんね。心配かけちゃったね」 彼女は私の背中にそっと手をあてた。 「お菓子、渡そうとしたけれど、なんだか渡せなかった。二つはね、その人と、お母さんにあげたんだ。私も一緒に食べても良かったんだけど、山田さんと食べたいなと思って、持って帰ってきた」 彼女の手のひらのあたたかさが、背中に伝わってくる。 「一緒に食べよう。私、大切な人と食べたかったんだ、このお菓子」 ・
/17

最初のコメントを投稿しよう!