いつだって音色は
全1/9エピソード・完結
1/259

いつだって音色は

 放課後の音楽室はいつだってメロディで溢れかえっている。トランペットの音は賑やかなオレンジで、チューバは優しい新緑の音色、そして鮮やかなトパーズ色をしたサクソフォンの響き。  音符たちはみんな、音を生み出す者の胸の内を包み込んで、教室の中を所狭しと飛び回る。アンサンブル部に所属する二十四名の部員たちは皆、実に色彩豊かな音符を生みだしていた。多くの生徒が何らかの楽器を幼少時より経験していたらしく、音符はいずれも艶やかで個性的だ。  ある音符は綿毛のように舞い、ある音符は清流のようにさらさらと流れ、そしてある音符は散りばめた星のように音楽室の天井で瞬いている。それぞれの音符がまるで命を宿しているかのように。  それからしばらくこの狭い世界を冒険した音符たちは、楽器を傷つけないために床に敷かれた淡いグレー色の絨毯に染み込んだり、あるいは教室を満たす熱気冷ましのために吹き込む風に乗って、外の世界へ旅立ち消えていった。     
1/259