百年のこえ

記憶の中の声は一体何なのか

0 0

青春 休載中
3分 (1,600文字)

あらすじ

「百年待っていてください」 言われた記憶のない、いつの記憶なのかもわからない、そんな声が頭から離れないーー しかしあるときその声と同じ人物に思い当たる。 その人と一緒に記憶の謎を解いていく青春小説。

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

その他情報

公開日 2018/11/15

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る