プロローグ③彼の事情

1/4
60人が本棚に入れています
本棚に追加
/189ページ

プロローグ③彼の事情

「違う路線と接続してる駅は他にもあるけど、北千住越えたら何処に向かうか分からないから、まず追ってはこれない。大声出したければ遊園地もあるし、海まで出ることも出来るよ。」 「一番遠いところに行ってみたいです。」 「じゃあ、海まで出てみよう。」  あがった息を整えながらも、少女の表情は先程までとは明らかに違っていた。 「私、こんなに走ったの、初めてです。」  少女は嬉々としていた。 「こんなにってたかが1キロ程度……もっと運動しろ。あんなボテボテじゃ追い付かれる。よく逃げ切れたな。」 「あの時は、窓から周辺道路が見えたので、信号が変わるタイミングをはかって……。」 「そんなことできんの!?」  ルカは再び時間を確認した。 「あんま時間ある訳じゃないから、その間に考えなくちゃいけないな。」  少女はルカの言葉に下を向いてしまい、二人はしばらく黙ってしまった。  午後5時 「降りるよ。」  日暮れも早まってきた夕刻、少し風も冷たく感じられた。ルカはLINEでミキに『北千住』と打って送信した。 「ダメだ、考え事してると頭痛くなってくんな。何か食う?」  ルカはそう言うと近くの売店に寄り、チョコレートとカロリーメイトとコーヒーを買って、少女に半分、分け与えた。 「私、頭悪くて……。」 「知ってる。」
/189ページ

最初のコメントを投稿しよう!