プロローグ④彼女の事情

1/4
60人が本棚に入れています
本棚に追加
/189ページ

プロローグ④彼女の事情

「忘れるってどんな感覚ですか?」  ルカは少女の思い詰めたような表情を見なかった振りをして、勢い良く言い切った。 「そんな事!超簡単!誰でもできる!」  少女は呆気に取られた顔をした。 「ミキは頭切れるけど、時々超バカやらかすんだ。あいつ、自転車乗ってて突然吹っ飛んだ事があって……。」 「???」  少女が何の話かと思っていると、ルカがゲラゲラ大笑いし始めた。 「スポークがバリバリバリって外れてガッシャーン!何が起こったのか解らなくて……大丈夫かって聞いたら……超真剣な顔で……ブレーキより強烈な制動がかかって、ビタッと止まれるんじゃないかと思ったって……走ってていきなり前鍵さしたんだよ!」  ルカは指で前鍵がささる様子を作って見せた。ルカの笑いは止まらなかった。少女も物理の法則を無視したあまりに無謀な試みの結果、勢い余って宙を舞う姿を想像すると可笑しくなってきてしまい、吹き出すように笑いだした。 「あいつ、弁当屋でバイトしてて水加減間違えたらしくて、ご飯がべちょべちょに炊けたんだ。何を思ったのか謝ればいいのに、勝手に店閉めてごみ袋に詰めて、やべぇ!処分してくれ!!ってサンタみてぇに担いでウチに持ってきた事あるし!」
/189ページ

最初のコメントを投稿しよう!