前編①企み

1/2
60人が本棚に入れています
本棚に追加
/189ページ

前編①企み

 2016年6月10日 金曜日 「彼女、可愛かったな。」  大学構内でぼんやりしているところにミキが話し掛けた。 「はっきり覚えてない。あの時は、そんな事考えてる暇無かった。」  彼女としか言いようがない人物が他に思い当たらなかったので、誰の話かはすぐわかったが、何で今、急にその話かと思っていると、ミキがケータイで画像を出した。 「ほれ。似てない?ロシア人だって。」 「誰それ。」 「世界一の美女。10歳だって。これなんか、特に雰囲気似てね?この、ちょっと嫌そうなこの目付き!」  アリスシステムは業績を伸ばし続け、社名をアリステックコーポレーションと改名し、関連するセキュリティシステムもパソコンを使う人にとっては知らない人は居ない程までに普及していた。 「あの記事が一年前で、13で作ったって言ってたから、本当なら多分、14かそこらだったよな。」 「おそロシア。彼女、今どうしてるかね。」 「さあね……。会えるなら会いたいけど。」  窓の外の遠くを見つめながらルカが言った。ミキは窓辺にもたれ掛かりながら話を続けた。 「世界一長いプログラムってどのくらい長いんだろうな。」 「……年積に聞いた。OSのカーネル部分だけでも1500万行は越えるって。」 「システムとしては複数の実行ファイルを用意して必要な時に呼び出す形だろうから、ファイルが幾つあるかも考えると、わかんねぇな。スパゲッティとしての最大だから意外と短いのかな。」  ミキが何か企んでいそうな雰囲気を感じたが、ルカもそのまま話を続けた。 「年積、アリスの事知ってた。送ってもらったんだ……あのあと、割りとすぐに。」 「まじか。」 「アクセスには成功したけど、カーネルクラッシュ食らったヤツがいるって話だった。ダウンロード中に遮断されたみたいだから、全体ではないかもしれないって言ってたけど。」
/189ページ

最初のコメントを投稿しよう!