プロローグ①少女を拾う

4/6
60人が本棚に入れています
本棚に追加
/189ページ
「食事で成績決まるならみんなやるわ。」 「ある程度はみんなやってるよ。パソコンだって電気だけで動いてる訳じゃない。クッキーだってスパゲッティだって食う。」 「はいはい、スパゲッティね。」  ルカはミキのプログラムにGoTo文を多用して修正した事があり、処理順序に関係なくあっち飛びこっち飛びした、解りにくいプログラムを書いてしまう癖があった。それは俗に、スパゲッティプログラムと呼ばれた。 「スパゲッティも場合に依っては役に立つかもね。まず、読む気が失せる。」と、ミキが笑った。 「キャラクタコードとデコーダだけの可読性が全く無いプログラムがあるっつーのは、スゲーと思うわ。」 「年積が挑戦しようとしてたっけな。」 「あいつ、そういう訳のわかんねぇ所に燃えるよな。」  ルカは電子レンジで温めたカレーを部屋のテーブルに置いて、少し離れたダイニングで様子をうかがった。少女は素直に床に降りて座り、出されたカレーを静かに食べ始めた。人間らしい動作を見て、何をするかわからないような緊張感は薄れた。 「名前は……言いたくないか。」  ルカは質問を考えていた。 「俺は水無月鳴神(みなづきなるかみ)。こっちが、霜月神帰(しもつきかみき)。」     
/189ページ

最初のコメントを投稿しよう!