運命《さだめ》の夜

芸州広島で婚家から出戻り手習所を継いだ小夜里は、ある雨の夜、運命の出逢いをする…

246 481

恋愛 完結 過激表現
27分 (16,067文字)
シリーズ「今宵は遣らずの雨」の第一部で、第二部「運命《さだめ》の子」に続きます。

あらすじ

小夜里は代々、安芸広島藩で藩主に文書を管理する者として仕える「右筆」の御役目を担った武家に生まれた。十七のときに、かなりの家柄へいったんは嫁いだが、二十二で子ができぬゆえに離縁されてしまう。婚家から出

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2018/11/29

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

第6話

恋愛 完結 図書券利用
14分 (7,840文字)
もっと見る