空色の箱

僕の頭に落ちてきたのは、竜の弁当箱だった。

0 2

5分 (2,999文字)

あらすじ

僕の頭にぶつかって落ちてきた箱には、想像もしていなかったものが入っていた。 そして異世界から赤い竜がそれを取り返しにやって来るのだった。

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2018/11/16

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る