花布の瞳、黄朽葉の街

夕景、古書店、大通り。それを静かに見つめる者は。

0 3

「1冊の本」という主題で、真っ先に降りてきたのがコレでした。もう間も無く、この作品向けの季節ですね。

概要・あらすじ

作者: 御子柴 流歌
恋愛 完結
5分 (2,611文字)
「第89回 超・妄想コンテスト ~1冊の本~」投稿作品。

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2018/11/17

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る