カメラ

3/3
7人が本棚に入れています
本棚に追加
/3ページ
 私は、膝を突いて泣き崩れるその人にゆっくり近づき「母はね」と呟いた。  涙に濡れた顔を見下ろし、私はにっこりと笑っ た。 「母は、夢見勝ちな人でした。同じく、夢見勝ちで放浪癖のある人を好きになって、勝手に妊娠して、勝手に子供を生んで。それでも、いつかその人がここに戻って来るって、信じて疑わなかったんですよ。毎年、私を連れてここで写真を撮りながら、その人が帰ってくるのを待ってたんです。死ぬまでね」 「あ……、ああ…」 「まさか、戻って来るのに二十年以上かかるとは、母も思っていなかったでしょうね」 「すまない!知らなかったんだ!子供がいたなんて…」 「別に。今更謝ってほしい訳じゃありません。ただ…」  私は、持っていたカメラを高く掲げ 「これを返したかっただけです」  その人の目の前に、叩きつけた。 「そんな物がなければ、母はあなたを待ちはしなかった」  呆然と、壊れたカメラを見下ろすその人を残し、私は踵を返して歩き出した。
/3ページ

最初のコメントを投稿しよう!