運命《さだめ》の愛

父を亡くし江戸で一人生きる初音には、幼き頃より恋い慕う身分違いの人がいた…

229 615

恋愛 完結 過激表現
44分 (26,131文字)
「運命《さだめ》の夜」「運命《さだめ》の子」の続編で、シリーズ「今宵は遣らずの雨」の第三部です。

あらすじ

流行り病で急逝した父親の竹内 玄丞は、安芸広島新田藩の御殿医であった。とはいえ、一人娘であった初音に遺したものはほとんどない。母親の千都世は、初音が十五のときにすでに他界している。身寄りのない江戸の町

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2018/12/24

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る