バーガーショップと遺書とぼく

夏休み最後の日、ぼくは遺書を書いていた――。

0 3

青春 完結
12分 (6,615文字)
はじめての投稿です。思春期の機微を表現できたらいいなと思って書きました。超妄想コンテスト「そして空を見上げた。」参加作品

あらすじ

夏休みの最終日、バーガーショップで遺書を書く〈ぼく〉がほんの些細な体験をする話です。

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2018/11/17

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る