1話「フクロウ★イケメンパラダイス学園カフェ」

2/16
20人が本棚に入れています
本棚に追加
/127ページ
  池袋には、幸せを運ぶ梟(ふくろう)が住んでいる。  私が初めてその姿を目にしたのは、大学の入学式の日のことだった。  バサバサッ!  東池袋中央公園の前を通りかかった時、大きな羽音と共に空へ飛び立つ白い梟を見た。  羽を大きく広げた梟は真っ直ぐに飛び上がり、水色の空に飛行機雲のように白い線を描いて行く。 (きれい・・・・・・)  夢にまで見た池袋。  私を受け入れてくれる、大好きな町。  今日から始まるこの町での大学生活に期待を膨らませた私は、それがこの町に幸せを運ぶ『幸せの梟』であると確信したのだった。
/127ページ

最初のコメントを投稿しよう!