ANOTHER:RAY

気付かぬふりの「限界」はすぐそこ、最愛はいつも隣に。

今泉綾佑

1時間48分 (64,347文字)
針の止まった時計にふと光が走る。 そして始まる終わりへの始まり――。

17 790

あらすじ

1、樹と菫が生まれる三〇年前――。  今泉綾佑は血の繋がらない兄妹の今泉佑掛と生活していた。幼馴染みの駿と共に野球部の大会に向け日々努力する毎日。  しかし綾佑が本当の想いに気付くとき。『家族』の限界

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品