日本都市伝説協会 JULA「青の燈火が消える日」

存在してはならない僕らの、普通じゃない事件が今始まる

37 603

1時間58分 (70,762文字)
8/18更新

あらすじ

母は足を一本残し燃え尽きた 父は忽然と姿を消した そして、僕は一人になった。 パイロキネシスの力を持つ青年・秋瀬燈火(あきせともしび)の元に、日本都市伝説協会、通称JULAの協会員・白濱が連れてきた

キャラクター

タグは登録されていません

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2018/11/30

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る