痛すぎる自覚

1/28
411人が本棚に入れています
本棚に追加
/28ページ

痛すぎる自覚

「和奈、次は美術でしょ? なんで数学の教科書持ってるの?」 「あ、ホントだ。……危ない」  金曜日。教室を移動するために廊下に出ようとすると、頼子が私の肩に手をかけて、 「ねぇ、ここ数日本当にぼーっとしてるけど、本当にどうしたの? まさか過度なダイエットとかしてないよね?」  と聞いてくる。 「してないしてない」  私は笑って誤魔化して、教科書を取り換える。 「頼子、また面白いデザイン期待してるよー」 「美術室で待ってるねー!」  廊下を先に行くクラスの女子ふたりが、頼子を振り向いて手を振ってきた。  頼子は手を振り返し、 「はいはーい。あとでねー」  と答えた。  こころなしかそのふたりの声が、トイレで立ち聞きしてしまったあの声に聞こえる。
/28ページ

最初のコメントを投稿しよう!