痛すぎる自覚-2

1/26
420人が本棚に入れています
本棚に追加
/26ページ

痛すぎる自覚-2

「……大丈夫です。俺、もう何もないので、目が覚めたら送っていきます」 「……はい……はい、それじゃ」  ぼそぼそと話す声と、ドアをガチャリと閉めた音が聞こえた私は、ゆっくりと目を開けた。白い天井と蛍光灯を見た後で頭を横に向けると、入口のドアからこちらへ戻ってきて、すぐ近くの折りたたみ椅子に座った央寺くんが目に入る。 「あ、起きた」  あたりを見回すと、スタッフルームだった。誰かが運んでくれて、このソファーに寝かせてくれたらしい。薄い毛布もかかっている。  ぼんやりした頭で思い返し、先ほどのことが記憶に戻ってきた私は、バッと起き上がろうとした。  けれど、とにかく頭と体が重く、 「無理して起きなくていいから、もうちょっと横になってたら?」  と言われ、私はゆっくりとまた枕に頭を戻す。 「……ご、ごめ……ん、なさい」 「謝ることないだろ。ここ最近、調子悪そうだったもんな。さっきよりはよくなったけどまだ顔色悪いし、貧血かも」  央寺くんはそう言って、私の顔を見た。今日、初めてちゃんと目と目が合う気がする。央寺くんは、心配と安堵が入り混じったような目をしていた。
/26ページ

最初のコメントを投稿しよう!