痛すぎる自覚-2

26/26
420人が本棚に入れています
本棚に追加
/26ページ
「……あ……」 『央寺くんに関わると、ろくなことがない!』  そして、遅れて理解がやってくる。もう、そんなことは望めないということを。自分自身が、取り返しのつかないことを言ってしまったから。 「…………っ」  央寺くんとゆっくり話せる最後の機会に、私は……。 『会わなければよかった』  私は……なんてことを……。 『もう最後かもしれないし』  自分が言った言葉と、央寺くんが言った言葉が、頭の中でぐるぐるまわっている。 「…………うっ」  口を押さえて止めようとするも、漏れだす嗚咽に涙も後から後から溢れてくる。  何もかも全部、うまくやれない。上手にできない。  もう渡す資格もないストラップを握りしめながら、私は遅すぎる自分の気持ちの自覚に、涙を止めることができなかった。
/26ページ

最初のコメントを投稿しよう!