二度目のラブレター-2

1/31
1340人が本棚に入れています
本棚に追加
/40ページ

二度目のラブレター-2

 着替え終えて裏出口から出ると、そこには央寺くんが外壁に寄りかかって待っていた。  驚きつつも、お礼をちゃんと言えていなかった私は、 「ご……ごめん、央寺くん。助けてくれて……ありがとう」  とようやく頭を下げる。 「店長に話と挨拶してから帰るから……」  そう続けると、 「店長には俺が話したし、姫野は俺がバス停までそのまま送りますって言ってある。まだその辺うろついてたら、怖いでしょ?」  と返し、外壁から背中を離す央寺くん。  優しい言葉のはずなのに、なぜか声色が硬いように感じる。貧血で倒れた先週に引き続き、今日も迷惑をかけてしまった。  私は、 「あ……」  と言ったまま申し訳なさで俯き、小さな声で「……ごめん」と謝る。  そして、そういえば、央寺くんはなんでお店にいたのだろうと、ふと思った。
/40ページ

最初のコメントを投稿しよう!