変わる景色

7/9
1340人が本棚に入れています
本棚に追加
/40ページ
「あ……あれは、ほぼ央寺くんが集めたやつでしょ? 私はひとつだけだし」 「うん。それでも、言っといてだって」 「……そっか。じゃあ、どういたしまして、頑張ってください、って返して、あ、あと、体を冷やさないようにお大事にって……」  ブツブツ言っていると、央寺くんが小さく噴き出す。 「何?」 「いや、真面目っていうか……」  央寺くんがクスクス笑うものだから、私はいつものようにまっ赤になってしまう。 「家に遊びに来て、直接言ったら?」  そして、そう言われたことで、今度はピンと背筋を伸ばした。急に動悸が激しくなり、いつとは言われていないのに手に汗がじわりとにじむ。 「あ……だ、大丈夫かな。き、緊張するというか……」 「ハハ、あいかわらずだね、姫野は」
/40ページ

最初のコメントを投稿しよう!