2

1/3
3人が本棚に入れています
本棚に追加
/17

2

 沙耶は、グレーのチェックのスカートを履いている。  見覚えがある。高校生の時の制服だ。  沙耶はふと、ここが夢の中だと気づく。  沙耶は高校生ではなく、少々引きこもり気味の国立大の学生である。高校卒業後は、制服や使っていた筆記具なども処分したのだ。  つまり、高校の制服を当然の様に来ているこの状況は、夢である。  沙耶には時々、夢の中で自分自身がこれは夢だとわかるときがあった。 「しろい」  ここは、真っ白だった。上も下も、右も左もわからなくなるほど、まっしろ。 「誰かいませんかあ」  沙耶は叫んでみる。なんてね、ベロを出したい気分だ。  もしかして、と思い、沙耶は自分の髪の毛を触ってみる。夢だから感触はないはずだが、高校の頃のロングヘアに戻っていることに気付いた。 「へんなの」  こんなカッコ、嫌な感じだ。  幽霊みたい、高校生のとき、クラスメイトにそう陰口を言われてことが嫌で、母親に言われるまま伸ばし続けていた髪を、大学進学後、一人暮らしを始めたのを機に肩まで切ったのだ。  髪を切って、気持ちも軽くなった。  髪型をとやかくいう母親はもういない。 「あ」     
/17

最初のコメントを投稿しよう!