不幸は突然に

3/4
7717人が本棚に入れています
本棚に追加
/94ページ
それでも・・・ 生きて行く為に2Kの公営住宅に引越すと 母は朝から晩まで掛け持ちで働くようになった 簡単に消えてしまった平凡な日々は 笑顔を作ることさえ忘れさせた 奨学金も申請すれば なんとか大学進学の道もあったけれど 今の状況で進学するとは ・・・言えなかった それに・・・ 働きながら夜間に通う勇気も持ち合わせてなかった 自由登校になると フリーペーパーで見つけた 中華料理屋さんでバイトを始めた 一番気に入ったのは・・・まかない付き 時給950円で4時間 暗い家に居るより何十倍も楽しい時間 「麻婆豆腐美味しかったなぁ」 四川山椒のピリ辛を思い出しながら ひとり呟く 身体に染み付く油の匂いも意外に好きだった 進学校故に就職斡旋なんて皆無だから とりあえず3月末までバイトをしながら ハローワークに通えば良いと 自分なりに考えていた 。 駅前の駐輪場へ着くと 半地下へのスロープを下りる ・・・電車の振りも辛い 大学生になるからバイトを始めるのだと 少し見栄を張ったせいで 二駅分自転車を漕ぐハメになった ・・・こういう所は誰に似たんだろ 自虐的にため息を溢すと マフラーと手袋を二重にして 芯から冷える夜道を急いだ 比較的明るい幹線道路沿いを 選んで走るものの 怖がりの私には恐ろしく遠い距離 その怖さを紛らすために 他のことを考えるようにした ・・・母さん明日来てくれるかな カレンダーの赤丸に気づいてくれただろうか 二人きりの家族なのにここ最近は お互いの忙しさで殆ど顔を合わせなくなった それでも週に何度かは 言葉を交わしていたのに この二週間は玄関の靴すら見ていなかった
/94ページ

最初のコメントを投稿しよう!