05 バビロン・天使の詩

1/1
25人が本棚に入れています
本棚に追加
/23

05 バビロン・天使の詩

オマージュ元映画  ベルリン・天使の詩 1988年4月23日日本公開のフランス・西ドイツ合作映画 ドイツの巨匠ヴィム・ヴェンダースのラブファンタジーなアート系映画 敢えて脚本を描かず、美しいドイツ語の響きを重視して、ペーター・ハントケの詩の断片を集め、つなぎ合わせ撮影 発想がかっこよすぎます! 監督:ヴィム・ヴェンダース 協力:ペーター・ハントケ 製作:ヴィム・ヴェンダース 出演:ブルーノ・ガンツ    ソルヴェーグ・ドマルタン    ピーター・フォーク 音楽:ユルゲン・クニーパー 撮影:アンリ・アルカン オマージュ元台詞  その『時』って奴が病気になったら、誰が癒してくれるのよ 一口メモ 背伸びしてヴィム・ヴェンダース作品を観ていた学生時代。笑 当時は眠くなる映画の数々と想っていたが、改めて僕の成分表には彼が含まれている。 僕の作品Maybe Blueで、主人公の世界が色づくのは、深層心理下でこの映画の影響があったのかも知れない。 本作シンシティ・ララバイにも重要な役割が。 そうです。スマートリング・マリオンは、映画に出てくるサーカスの舞姫マリオンから名づけました。 だから、マリオンはフランス女性って設定。あれ?ベルリンだからドイツ人やんけ。笑 マリオンを演じたソルヴェーグ・ドマルタンはフランス女優だから良いよね??
/23

最初のコメントを投稿しよう!