溢れる想い

1/29
91人が本棚に入れています
本棚に追加
/348

溢れる想い

次に聡史と会う頃までには、痣は跡形もなく消えていた。 助かった。 流石に見られる訳にはいかない。 きっと、どんな言い訳も通用しないだろう。 聡史の目は、誤魔化せない。 あの一件以来、星夜は私に距離を置くようになった。 たまに顔を合わせても、当たり障りのない会話をする程度だ。 きっと、あの朝の出来事に、深い意味などなかったのだ。 なんの変哲もない、ただの日常。 だけど……。 私の心の中にはずっと、星夜の印が焼き付いている。 誰にも知られてはならない、禁断の印が……。
/348

最初のコメントを投稿しよう!