はじまり

1/38
91人が本棚に入れています
本棚に追加
/348

はじまり

出逢いは突然やってくる。 例え望まぬものだとしても。 人はそれを、『運命』と呼ぶのだろうか。 *** ――この状況は、一体……? 私は、まるで人形のように微動だにせず眠る、この美しい青年を見つめた。 *** 私こと天野雫は、その日の仕事を終え、帰り支度を整えていた。 「雫ちゃん。お疲れ様。はい、これ今月分」 「ありがとうございます!」 店主から封筒を手渡され、ワクワクしながら中身を確認する。 期待と中身がほぼ一致しているのを確かめると、その封筒――給料袋を丁寧にバッグにしまった。 「それじゃ、お先に失礼します!」 挨拶をして店を出る。 「はいよ! 気をつけてね。また明日」 店主の元気な声を聞いてから、引き戸を閉めた。
/348

最初のコメントを投稿しよう!