1
全1/3エピソード・完結
1/3

1

 ぼくは、白い龍を飼っている。  夏祭りの夜に、すくってきた。  周りは赤色だらけの中で、綺麗な真っ白だったから、すぐに決めた。  こいつは、ぼくのだって。  何回やってもすくえないぼくを見かねたように、ぼうや、好きなの一匹選びなど、露天のおじさんは言ってくれた。  喜んで、ぼくはこいつを、選んだ。  おじさんが困った様子で、こいつで本当に良いのかい、と聞くけど、もう遅い。  こいつは、ぼくのものだ。  ママに見せると、不思議そうな顔をして、そんなのもいるのねえ、と間延びした声を出した。  パパは、あまりもちそうにないな、と苦笑した。  よくわからないが、両親はこいつをあまり気に入っていないようだ。  ぼくが白い龍だよ、というと益々怪訝な顔をして、あまり馬鹿なことを言うのは止しなさい、とパパが言った。  ぼくは悲しくなったけど、ぼくの頭の中だけで、白い龍って呼ぶことにした。  龍の絵本を読んだ。  そのとき、白い龍が描いてあったんだ。  白い龍の背中に乗って、空を飛ぶ主人公。  読んだときから、ぼくも欲しくて、欲しくて、たまらなかったんだ。  こいつはそんなに大きくないから、背中には乗れないかもしれないけど、空を飛ばせて散歩をさせたい。  学校の皆に自慢したいんだ。  白い龍は、ママに水が入った透明の鉢に入れられていた。  水がないと、生きていけないんだって。  そのうち陸に上がって、空を飛ぶようになるのだろう。  学校で習ったんだ。  こいつ、両生類ってやつなのかな?  ママに聞くと、眉をしかめて行ってしまった。  どうしてだろう。  あ。  ぼくはひらめいた。  水中から陸へ上がり、空中へ。  こいつは両生どころか、三つの世界で生きている。  スッゲエ。  ぼくは興奮した。
1/3

最初のコメントを投稿しよう!