2
1/1
2/3

2

 今日は登校日。  ぼくは白い龍をクラスの皆に見せたくて、こいつを小さな箱の中に隠した。  弁当箱として使っていた箱だ。  うちに来てからもう一週間だし、そろそろ水がなくても大丈夫かと思い、そのまま箱に入れてみた。  ぱくぱく、苦しそうだ。  まだだめなんだな、と思い、水を入れて、内蓋もして、外蓋をひもで止めた。  これで逃げる事はないだろう。  ランドセルに入れてしまおうとしていたときに、ママがぼくの部屋に入ってきた。  あーくん? どうしてお弁当箱を持っていくの?  あっという間に箱を取り上げられて、中身を確認され、学校には持って行ってはいけないと叱られた。  学校の皆に自慢したいんだ!  そう言ったが、ペットを学校に連れて行ってはいけません、とのこと。  確かに、学校に犬や猫を連れてくる人はいない。  ぼくはしぶしぶ、納得した。  白い龍を飼った。  ぼくの話はたちまちクラスに広がった。  クラスの中でも体の大きいヒロトくんが来て、ぼくに言った。  龍ってくうそうの生き物なんだぜ、知らないのか。  ぼくはにっこりと、ヒロトくんに、うちに来れば分かるよ、と返した。  ヒロトくんは大げさに肩をあげた。  いやだよ、お前んちなんか行くの!  そう言って、ぼくの肩を叩いた。  どん!  体の大きさが違うぼくは、簡単にしりもちをついた。笑い声があがる。どうしてよいのかわからなくて、ぼくも笑った。  なにしてるの。  りょうこ先生方が教室に入ってきた。  ほら、みんな、席について。  皆ははーい、と返事をすると、それぞれ席についた。  ふと、ヒロトくんのほうを見ると、口の動きがだけで、うそつき、と言われた。  うそではない。うそなんかではない。白い龍はたしかにいる。いるんだ。
2/3

最初のコメントを投稿しよう!