第一章 勇者

1/118
278人が本棚に入れています
本棚に追加
/677ページ

第一章 勇者

001. 勇者と女神 「それで、なんで取り調べを受けてるんだ?」  真田蒼一(さなだそういち)は、石造りの部屋を見回す。  広さはそこそこあるが、窓は無く、中央に大きなテーブルが一つ。  入口を背に、白く立派な顎髭の男が座っていた。キラキラした金属製の飾りを胸に下げ、見るからに上質の白いローブを羽織っている。 「取り調べではござらん。そんな畏れ多いことを、するはずがなかろう」  そうは言っても、入口には警備の兵が二人。どちらも槍を持ち、蒼一を逃がすものかと、こちらを(にら)んでいる。  テーブルを挟み、蒼一と対峙するこの老人は、ライル・カースと言うらしい。彼の話は、荒唐無稽が裸足で逃げ出す内容だった。 「この部屋は、勇者が現れる紋章が刻まれています」  確かに、部屋の床の隅に青い魔法陣が描かれている。 「紋章からは、勇者が現れます」  ――ほう。 「あなたが、その勇者様です」  自分が若年性のボケなのか、この老人が真正なのかどっちなのだと、蒼一の目が険しく狭められた。  押し問答を続ける二人に、彼の横に座る人物が忠告する。 「諦めようよ。私はもうギブアップ。理解できる話になったら、起こしてください」  それだけ言うと、また彼女は頭を抱える。 「この部屋には、女神が現れる紋章が刻まれています」  蒼一は後ろに視線を送った。 「あー、もう分かるわ。そのピンクのやつだろ。青いのの隣」 「さすがは勇者様。御理解が早い」  (らち)があかない。  チラチラとテーブルの上を気にしながら、彼は話を進めることにした。 「まあいい。その勇者は、何のために現れるんだ?」  ライルが大袈裟に驚いたフリをする。 「それをこの老体から話せと!?」 「他に誰が話すんだ。ヒゲ全部抜かれたくなかったら、早く話せ」  今度は悲しげな表情で、ライルが訥々(とつとつ)と語った。 「勇者の使命は、勇者様のみが知ること。私がどうして知り得ましょうか……」  蒼一は、ジジイの髭で何本の筆が作れるか算段を始める。 「呼ばれ出た勇者様たちは、皆、目的を持って城を出られました。女神様が、その行く先をお示しになられるでしょう」 「だ、そうだぞ?」 「私が知ってるわけないよう。あなたと一緒だもん。晩御飯作ってたら、いきなりここなんですよ」
/677ページ

最初のコメントを投稿しよう!